自宅をお得に綺麗に!大阪でリフォームを考えている方におすすめ情報

Renovation

介護とリフォーム

同居開始時は、親も自立しており、家事も応援してくれるほど元気でしたが、みんな老化するのだからと、バリアフリーで、室内・廊下・階段には手すりを付け、廊下幅や部屋のドア幅も車椅子が通れるようにしていました。何があっても大丈夫と思っていたのですが・・・親が転倒、骨折し、車椅子生活をせざるを得なくなりました。
それでも、「大丈夫!車椅子の移動は余裕」と思っていましたが、介護生活が始まると問題が出てきました。3年余り何とかやってきましたが、親の生活動作のレベルが落ちてきて、介助するにも負担が大きくなり、親の部屋・浴室・トイレをリフォームすることにしました。近くの工務店で希望をきいてもらいました。前は、部屋から廊下に一旦出て、トイレや、浴室に誘導していました。それぞれに出入りする時、肘やつま先、車椅子が柱に当たらないか等注意するのは当然ですが、介助する側の身の置き場に困る始末。
スペースには限りがあるので、今度は部屋・トイレ・洗面脱衣所・浴室と一列に並べ、境界の壁に引き戸を付けました。トイレは左右両側に引き戸があり、親の部屋からトイレによって浴室まで、誰の目にも触れずに移動できるようになりました。脱衣所にはトイレ側・浴室ともう一か所引き戸を付け、私たちはその出入り口から浴室・トイレを使っています。一列に並べたお陰で無駄な動線がなくなり楽になりました。

INFORMATION

女性でも出来るDIYリフォーム

家のちょっとした壁の汚れや傷み・収納場所の少なさ、ちょっとした棚があれば良いのにななど、掃除や片付けを一番行うであろう女性だからこそどうにかならないかな?…

介護とリフォーム

同居開始時は、親も自立しており、家事も応援してくれるほど元気でしたが、みんな老化するのだからと、バリアフリーで、室内・廊下・階段には手すりを付け、廊下幅や…

TOP